2010年05月24日

首相と外相、来日のクリントン長官と協調確認へ 哨戒艦沈没(産経新聞)

 韓国が哨戒艦沈没事件で北朝鮮の魚雷攻撃が原因との調査結果を発表したことを受け、日米両政府は、韓国政府の対応を全面的に支持する方針を打ち出した。鳩山由紀夫首相、岡田克也外相は21日に来日するクリントン米国務長官との会談で問題に協調して対処していく方針を確認する。

 首相は20日午後、関係閣僚と首相官邸で協議し、韓国が国連安全保障理事会に提起した場合を含め、韓国を支持していく方針を決定。北朝鮮が反発し何らかの行動に出る事態に備え、関係省庁に対し、情報収集に努めるなど国民の安全に万全を期すよう指示した。

 首相は「北朝鮮の行動は許し難いもので強く非難する」とのコメントを発表。20日夕には韓国が北朝鮮制裁決議案を安保理に出した場合の対応について「日本として先頭に立って、その方向で努力したい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 岡田氏は記者団に「調査結果が出た今、中国にも共同歩調を取ってもらいたい」と述べ、北朝鮮に影響力を持つ中国の同調に期待を表明。平野博文官房長官は、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議について「今までと同じ状況でということは大変難しい」と述べた。首相は22日に予定していた北海道訪問を中止した。

 一方、オバマ米政権も「調査結果を強く支持する」としており、韓国政府の対応を支援する構えだ。事件の当事国は韓国であり、安保理での協議を通じた対応が現状打開の早道との判断があるためだ。イラン制裁でも不可欠な中国の協力をにらんで協調路線を前面に押し出す一方、北朝鮮にテロ支援国家への再指定などもちらつかせながら現状打開につなげたい意向だとみられる。

 米政府は事件発生当初から、韓国政府の冷静な対応を称賛。事件調査への専門家派遣などあらゆる形で韓国を支援してきた。

 ホワイトハウスのギブズ報道官は声明で、事件を「許されない北朝鮮の振る舞いと国際法無視の新たな実例」と非難した。キャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)も会見で「調査結果を強く支持する」と述べた。

 元国務省東アジア太平洋局上級顧問で、国防大学のバルビーナ・ホワン教授は「今回の事件では韓国が行動を先導し、米国単独での行動を控えることが極めて重要だ」と指摘する。米国が前面に出れば北朝鮮の思うつぼに陥り、ひとたび米国と日中韓で不協和音が生じれば、北朝鮮を利する結果になりかねないからだ。

 クリントン氏は21日からの日中韓歴訪で日米韓の連携を確認する一方、中国にも繰り返し国際協調を呼びかけていくとみられる。

 米下院では北朝鮮をテロ支援国に再指定する法案提出も浮上するなど北朝鮮を牽制(けんせい)する動きも活発化している。ただ、米政府では2008年10月の指定解除から間もないこともあり、消極論が目立つ。

(ワシントン 犬塚陽介、赤地真志帆)

【関連・韓国哨戒艦沈没】
首相「日本が先頭で走る」 安保理決議
韓国軍が名誉挽回 北の犯行で物証確保
「対北追加制裁検討を」 自民・谷垣氏
安保理協議、難問山積み 決議は困難 
軍事独裁体制の産物 北朝鮮さらなる孤立化へ

産業界の懸念払拭できず、温暖化対策基本法案(産経新聞)
赤字企業割合、初の7割超=交際費支出、ピーク時から半減−08年度分国税庁調査
政府・民主マニフェスト意見交換会 消費税、溝くっきり(産経新聞)
補助人工心臓2つ装着に成功 阪大、自宅で移植待機、外出可(産経新聞)
「ザク」が組み体操!? マニア心くすぐる笑えるフィギュア(産経新聞)
posted by アカツカ カズヨシ at 18:44| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

普天間、決着先送りに言及=「6月以降も努力」−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は13日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「6月以降も詰めるところがあれば当然、努力する」と述べ、明言してきた「5月決着」の先送りに初めて言及した。政府は既に、米国や移設・移転候補地の自治体、連立与党の合意を得ての月内決着を断念しているが、首相自ら認めたものだ。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 首相はまた、平野博文官房長官が鹿児島県・徳之島の徳之島町議5人に基地機能移転への協力を求めたことに関し「大変厳しいという話は聞いた。ただ、(地元の)意見を伺うのは大変大事なことだから、これからも続けていく必要があるし、政府の考え方に理解をいただけるようにしていく」と述べ、粘り強く地元に働き掛けていく姿勢を強調した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

<参院選>自民・島根県連、青木前参院議員会長の長男擁立へ(毎日新聞)
<普天間移設>「沖縄の負担全国で」…首相、理想タテに続投(毎日新聞)
家康の府中御殿跡か、JR府中本町駅前で発見(読売新聞)
国家公務員キャリア採用2割減へ、総務省が通知(読売新聞)
小沢幹事長、政倫審出席の意向表明(読売新聞)
posted by アカツカ カズヨシ at 00:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

支持率低下「普天間も要因」=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は10日夕、報道各社の世論調査で内閣支持率が続落していることについて「普天間もやはり影響していると思う」と述べ、米軍普天間飛行場移設問題をめぐる迷走が要因の一つとなっていることを認めた。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 また、「国民にとって政治とカネの話もまだかなりあるのではないか」と指摘。自身や小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題も響いているとの認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜

原爆の子 サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
育毛剤 毎日新聞記者が体験…生える場所は選べず(毎日新聞)
<絵本>「本の過疎地」に寄贈訴え 福島・飯舘(毎日新聞)
40年前の輝く「大海」再び 万博公園・心字池を浚渫(産経新聞)
包丁つきつけコンビニ強盗未遂 容疑の自衛官逮捕(産経新聞)
posted by アカツカ カズヨシ at 21:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。